読み込み中...

フィンランドよりご挨拶申し上げます。国際配送 - ご注文合計6000円以上は送料無料です!

アラビア パラティーシ別称パラティッシ

Birger KaipiainenによりデザインされたParatiisi(パラティーシ)は、豊かで独創的なスミレの花と果物の装飾と共に、50年以上も人々の心を掴み続けています。印象的な青&黄色と黒&白色のバージョンは、フィンランドの日常や祝祭のテーブルセッティングでは見慣れた光景でもあります。

世界的に有名なParatiisiシリーズの芸術的なデザインは、どんなコーヒーテーブルにも特別感をもたらしてくれること間違いなしです。
続きは、下方へスクロールしてください。

Arabia Paratiisi(アラビア パラティーシ)は、アラビアの古典的デザインの一つです。1969年に始まり、第三の色の追加-紫&緑色-と共に、未だ生産されています。1970年代、Paratiisi(フィンランド語で楽園)は元々ファイアンス陶器で作られ、オリジナルの皿は楕円形に形作られていました。しかしながら、後の生産に使用されるビトロ磁器は、より耐性に優れ多目的に使用できます。

Paratiisiシリーズの象徴的な生き生きとしたラインやカラフルな見た目は、60年代に人気を博したシルクスクリーン技術のおかげです。シルクスクリーンは、複数の色を同時に使用することを可能にし、今日のカラフルなプリント模様を制作するのに使用されています。

Birger Kaipiainenはセラミック装飾の王様として知られ、スミレの花に夢中で、彼の象徴的なモチーフとして、ほぼ全ての作品で使用されています。彼はまた、これと同じモデルに、美しく緑が生い茂るApila(アピラ、クローバー)シリーズのような、その他の模様もデザインしています。Heini Riitahuhtaの Runo (ポエム)シリーズもまた、これと同じモデルにデザインされています。

Paratiisiは、当初1969~1974年に生産されましたが、生産の再編成のため廃盤となりました。色付きのParatiisiは更新され、1988年に生産が再開されました。黒のParatiisiは、2000年に復活し、それ以降定期的に生産されています。Paratiisi商品は2016年までフィンランドで生産されていましたが、その後生産はタイへと移りました。

Paratiisi(パラティーシ) スタンプ 1971-1974
Paratiisi(パラティーシ) スタンプ 1988-2005
Paratiisi(パラティーシ) スタンプ 2005-2015
Paratiisi(パラティーシ) スタンプ 2015-

パラティーシシリーズのビトロ磁器は電子レンジ対応ですが、古いバージョンのファイアンス焼きは非対応です。Astialiisaオンラインで販売されている商品は全てフィンランド製です。

カートに商品がありません。